×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

---> マルチブート --> その他 



☆ その他



フロッピーディスクのチェーンロード


もはや、説明するまでもないかも。
Bootable CD Wizard で、そのフロッピーディスクのイメージファイルを指定するだけ。
それだけ。
非エミュレーションモードのON/OFFは直接起動時(ブートローダーなし)のみ関係する。



Ultimate Boot CD をチェーンロード


最後に、とんでもないものを紹介しておこう。
Ultimate Boot CD という、これをCD-Rに焼くだけで、レスキューディスクになると言う、マルチなCDだ。
さて、これは、数多くの小さなブータブルのツールから構成されている。つまり、これ自体がマルチブータブルCDだ。

そう、今回やるのは、マルチブータブルCDを、マルチブータブルCDに組み込むと言うもの。
まぁ、でも安心しましょう。やり方は、Linuxのチェーンロードとまったく同じです。
つまり、ブートイメージにチェーンロードをかければよし。

ISOの形での配布なので、DaemonToolsなどを用いて、中のファイルを取り出す必要がある。

ちなみに、ブートイメージは、boot\loader.bin だ。これを、BCDW\BCDW.INIの中で指定する。
ここで、注意事項。
「Joliet」、「Rationalize RockRidge」、「ISO9660ファイル名からバージョン番号を取り除く」がオプションに必要だそうです。
それと、boot.catalog という名前のファイルも削除したほうがいいそうで。
(えぇ〜?Jolietなしでも動いたぞ... 特に、PEはなぜかJoliet不可)

動かなかったら試行錯誤しましょう。