×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

---> USBから起動 --> BartPEをUSBメモリから起動する 



☆ BartPEをUSBメモリから起動する



BartPEを作ろうについては参照済みですね?
また、USB接続からの起動についても参照済みですね?

BartPEをUSBメモリから起動する。静かに起動できるし、CDが1基しかないパソコンでもCDが使えるといったメリットがある。
なお、フォーマットは、基本的に、FAT16 にしてください。


USB-Bart's PE Builderを使う


DEKOさんの作成の、USB-Bart's PE Builderという補助ソフトを使うと、よりわかりやすいです。
基本的には、こちらをお勧めします。

さて、USBメモリのPEを作るには、以下のファイルが必要です。

・PE Builder
・ビルド後のデーター(BartPEフォルダ)
Windows Server 2003 SP1 から抽出したファイル (srsp1フォルダ)
USB-Bart's PE Builder
・(PE Builderのバージョンが3.13以下の場合はpe2usb101.zipも必要)

USB-Bart's PE Builderを、PE Builderと同じフォルダにおく、あらかじめ、ビルドしておく
そして、srsp1フォルダと中身を作っておく、必要があるということです。(ISOファイルは作らなくてもよい。)



さて、気になるのはsrsp1フォルダ。ですが、これは、USB-Bart's PE Builderでできます。
上の、Fileのとこから、Win2003のSP1ファイルを指定します。抽出にちょっと時間がかかりますが。
そして、pebuilder.exeと同じフォルダにあるpe2usb.binを、srsp1フォルダにコピーします。



さて、USB-Bart's PE Builderの設定です。
Install Type は、通常はHDDLikeBootを選びます。ISO-Image Bootは、イメージ全体をRAMドライブに入れて起動するもので、起動してからはめちゃ速いが、起動までに時間がかかる上に、メモリ容量も必要なので、一般向けとは言えません。
まず、ブートセクターを書き込みます。
それが終わったら、Buildのボタンを押して、USBメモリにコピーします。
なお、VerboseModeは特に気にしなくていいです。



作業が始まると、次のようになる。





終わり。
再起動して、USBメモリから起動してみましょう。