×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

---> 起動しない --> 重要なデーターを退避する 



☆ 重要なデーターを退避する



まず、はじめにブータブルCDの項目を読むことを勧めます。

Windowsを再インストールすると、インストールした区画(パーティーション)のデーターは通常すべて消去されます。
ただし、消去されるファイルは、Windowsのあるのと同じ区画(Cドライブ)です。
つまり、泣く泣くWindowsを再インストールするときに、以前に作ったデーターを、別の区画(Dドライブなど)に移してしまえば、必要なデーターを消すことはありません。
ただし、ここでひとつ問題が。

Windowsが起動しないのに、どうやってデーターを移すのか

いやいや、それが、このサイトのお仕事です!
ブータブルCDを利用しましょう! これを使えば、ハードディスクのWindowsが起動できなくても、データーを自由自在にコピーできます。
ベストなのは、起動不可能になる前に、ブータブルCDを作ること。
もしそのパソコンが起動しないなら、他のパソコンでブータブルCDを作らせてもらいましょう。
ブータブルCDなLinuxは、基本無料で手に入るので、CD-R代だけですみます。
ライブCDの部屋がいいです!
または、Linux関連の雑誌に、Knoppixや、BerryLinuxというものが付属するときもあるので、それをそのまま使いましょう!

コピー先は、やはりDドライブでしょう。
でも、一部のメーカー製パソコンでは、区画がひとつしかない極悪使用もあったりします。
そんなときでも大丈夫です!
やはり無料でできる解決策があります!

とはいえ、外付けのハードディスクを買ったほうがいい気もしますが。




パーティーションがひとつの場合


先に書いたように、区画がひとつの場合、データーの退避先がありません。
そんなときは、無理やり分けてしまえばいいのです。
この作業は、多少リスクがあります。まずありえないとはいえ、データーが消える可能性があります。
でも、この場合、そのままだとどうせ再インストールで消えるので、挑戦してもいいですね。

ここで使うのは、GParted
市販になってしまうけど、Acronis Disk Director Personal も1980円でお勧めです。総合ではこっちの方がいいかも。
リンク先と、ブータブルCDのページを参照しつつ、CDを作って、使ってみてください。