×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

---> BartPE --> 動作条件、準備 等いろいろ --> ソース(インストールCD)の改造 



☆ ソース(インストールCD)の改造



ServicePackの統合


Windows2000/XP/2003は、ServicePack(通称SP)で、不具合の解消/新機能追加を行える。
これは、PEを作る際も有効で、ぜひとも、最新の、XP SP2にしておこう。
(もっとも、一部では未だにXP SP1ベースは根強いが。)
それどころか、SPなしのWindowsXPはPEのベースにできないので該当する人は絶対にしておくこと。

本来、SPを統合するには長いコマンドが必要なのだが、SP+メーカー というソフトを使えば、知識が必要なくSPを統合済みのインストールCDイメージが作れる。

ここ からダウンロード
2つあるうちの下のFULLの方をダウンロードしましょう。わからなきゃ。

ソフトを起動したら、WindowsXPタブを開き、CD-ROMドライブのところに、インストールCDのドライブを指定します。
メーカー製のI386フォルダを使う場合は、代替フォルダ をONにして、そのフォルダを指定します。
作業フォルダは適当に。
出力先フォルダとファイル名もお好みで。

アップデートフォルダは、ダウンロードした/する SPのあるものを指定します。
上のメニューから、自動ダウンロードを有効にしておけば、事前にダウンロードする必要はありません。

詳細設定の項目は、基本的にそのままでOK。Hotfixなど(SP以外)は適用しても無意味です。


作成ボタンで、作成開始。



nLiteを使った、軽量化


けっこうマニアックな技。ベースとなるWindowsのインストールCDを削ることにより、軽量化を図る。

そんなことして大丈夫?

いや、重要なものを削らなければ。いうまでもなくエラーは多発するがw 無視。
nLiteというソフトを使う。
.netFramework2が必須。いやなら専用ランタイムでも。
ひとつ、気をつけるのは、PEBuilder標準のISO出力は原則使えないこと(3.13はバグで可能)

それくらいか。nLitefixプラグイン等を使わないと起動時うざい。(動作に問題はないが)
お勧めは、PEでは絶対に使わないようなドライバーやコンポーネントを削除すること。
通常のnLiteの使い方でWindowsが起動できるなら問題はないと思われる。
設定ファイルのサンプルをおいておきますね。

念のためいっておくが、この軽量化方法は、正攻法(=pebuilder.infの編集)ではない。