×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

---> USBメモリ --> USBメモリにソフトを入れる --> FinalData の導入 



☆ FinalData の導入


市販ソフトなので、ダウンロードするわけにはいかないね。
アップデートはかけておいたほうがいいけど。

このソフトは、USBメモリから起動するようには作られていない。
しかし、CDからの起動は十分想定内。

さて、持ち運ぶときの障壁となるのが、市販ソフト独特の、シリアルキー入力だ。
毎回入力するのは面倒くさい。
これさえクリアできれば、十分持ち運べる。


FinalDataをインストールした上で、
まず、レジストリエディタを起動して、



シリアルの書いてあるキーを捜す。
見つけたら、右クリックからキーごとエクスポート。win2000ならメニューから。



FinalDataを起動する前に、このファイルをインポートすればよい。


作業が終わったら、これ をインポートして、痕跡を消しておこう。

ちなみに、他人のパソコンで無許可でこれでデーター吸い出したら法律違反。
違うパソコンFDでやるのも、ライセンス違反だったかも...


ところで、この、登録を自動でやってしまう方法がある。
Windows2000以上が対象だ。
1、まず、Windows2000用のreg.exeを持ってくる。
2、次に、PStartで、reg.exeを使い.regファイルを2つ、登録しておく。
3、書き込むほうを、PStartの起動時に、消すほうを、PStartの終了時(=UnplugPortableと同時期)に実行するようにする。